中卒や高卒という学歴に拘らずに就職を目指そう

企業の採用基準を見極める

 大学への進学率が高まっている昨今において、中卒者や高卒者の就職が厳しい状況にあることは事実です。しかし、企業が採用において大卒を基準としていないケースも多くあります。特に中途採用の場合においては、まだまだ中卒や高卒でも多くの選択肢があるといえるでしょう。中卒や高卒の場合には、面接などの際に学歴について訊ねられることもあるかもしれません。そういった場合にも明確に自分の考え方を面接官に伝えることを求められます。そういった状況においても慌てることなく前向きなアピールをしていくことが大切です。

社会経験をアピールしよう

 中卒や高卒の場合は大学に進学した同世代の人々よりも社会経験が豊富なことがあります。就職を目指すときに社会経験を応募先の企業に対して積極的にアピールすることも重要だと思います。職歴がある場合には、自分が仕事に対して、どのような姿勢で取り組んでいたのかを熱意を持って伝えるべきです。一般的に中卒や高卒は就職の際に不利な場合もあるでしょう。しかし、企業によっては学歴よりも過去の仕事で取り組んできたことを重視されることも多いものです。中卒や高卒だから出来ないということは一般的に考えられている程には多くはないのではないでしょうか。

web analytics