高卒の人について就職が決まった場合のアドバイス

確実に卒業しておける状態が重要である

 就職先が決まっても、高校生の場合は確実に卒業が出来る状態にしておく事が極めて重要です。学校への出席率が悪かったり、テストの点数が悪くて留年した場合は就職できなくなります。基本的にきちんと学校に出席して、テストの成績も学校の基準をクリアするぐらいに勉学をおろそかにしない事が大事です。卒業の時には、卒業証書を貰う為に健全な学生生活を送ります。

採用が決まった場合の基本的なマナー

 いくつかの会社に応募して、採用が決まった時は、応募者自身が会社に対してパソコンでのメールやはがきなどで、礼状を会社に送る事が重要です。もちろん、直接の電話でも大丈夫ですが、企業が忙しくない時間帯にお礼の電話をする事が重要です。また、就職の先生を通じてお礼をさせる事も有効ですが、社会人の仲間入りとして自らのお礼で会社に採用のお礼をすると、入社時に良い印象を与えます。

就職が決まった後の生活について

 就職が決まった後には、会社の入社に向けて規則正しい生活を送る事が基本です。もちろん、就職のお祝いとして旅行に行く事も結構ですが、あまり派手にならないように気をつけます。基本的に、会社の入社の計画に沿って動く事になります。基本は4月からの入社になりますが、会社によっては稼動などの事情で3月から研修を行う所もあります。従って、入社や研修の日程などを確認して、入社日に遅刻する事のないように気をつけます。

web analytics